snow2field

snowfieldの日本株投資、日本株予想

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

NY個別株

19 4月

コロナウィルスに効果が期待される薬(銘柄)

★下記は今朝配信のメルマガ配信の一部です。

アメリカでのコロナウィルス一丁目一番地 銘柄

詳しくはメルマガにて

勝ちたいならこれらに乗らなければならない。




アメリカでコロナウィルスへの効果が期待される薬を作る会社


それらの株価は値上がりし続けている。

すでに攻めの銘柄でも取り上げていますがもう一度詳しくお伝えします。


攻めの銘柄に入れている理由はコロナへの効果が期待される●●を作っているからです。
株価は連日の値上がり。
_20200419_095425

●●の株価は金曜日も上昇

●●が作る
●●は、COVID-19にみられる過度な●●を緩和する可能性があり、
検討が進められている。







●● ティッカー ●●
_20200419_095732


●●も攻めの銘柄でお伝えしている銘柄

攻めの銘柄に入れている理由は3月から治験の話が出ていたからです。


株価は金曜日現在●●ドル 


米製薬大手ー●●は4月10日、
新型コロナウイルス感染症治療薬として「●●」の臨床試験を開始すると発表した。

●●は、新型コロナウイルス感染症の入院患者を対象とした同薬の効果と安全性を判断する試験で、
米●●との提携で合意した。






GILD - Gilead Sciences, Inc.
ギリアドサイエンス ティッカー GILD
最高値は2015年 110ドル台

_20200419_100212


金曜日 株価は急騰9%高

レムデシビル 抗ウィルス薬を製造

米医薬大手ギリアド・サイエンシズの新型コロナウイルス治療薬候補
「レムデシビル」の投与が、重症患者の急速な回復につながったとの
リポートが米医療関連ニュースサイトに掲載され、話題となっている。
報道を受けてギリアドの株価は急騰した。
一方で、専門家の間では不完全な治験データによる解釈を慎むよう求める声も高まっている





ギリアドサイエンスのレムデシビルは
3月の時点から言われていたが

攻めの銘柄に入れなかった理由は
チャートです。

●●と●●のチャートは美しいが
ギリアドはそうではない。

右上がりの美しいトレンドを刻むにはそれなりの理由がある

日頃からの業績がともなっているからです。

こに2社はコロナの前から業績もチャートも好調で

コロナの件で薬が売れたとしてもプラスアルファになり
好調を持続するだろう。

ギリアドはそれまでの推移が緩く右下がり

今回ので急騰しても一時的になる可能性があったので

攻めの銘柄には入れなかったです。





コロナウィルスへの 最前線株は これらです。
10 5月

このあとUberテクノロジー上場✨

Uberは45ドルからスタート

寄り付きはいくらになるのか?


初値形成後、セカンダリーは買いか?


見送りか?


詳しくはメルマガにてこのあと配信します。




9 4月

右上がりのトレンドを刻む銘柄群


下記の3銘柄は


今年に入ってから右上がりの流れになっているNYに上場する3銘柄です。



_20190409_100449

こちらも同業種で綺麗な右上がりを継続




_20190409_100939





僕がメルマガで昨年からお伝えしてきている本命が
こちらの銘柄

綺麗な右上がりのトレンドを継続していて

下髭の後で、そろそろ長い目の陽線を出しそうなムード漂う。



_20190409_101214







日本株では絶対に体感することのない安定感と期待感があります。


毎日腐った動きの日本株に時間を使うより

NY株に行った方が勝てます。




世界中の投資家が日々買いに来るNY証券取引所。


NY市場には最強銘柄が存在しています。






これらの銘柄について先ほどメルマガを配信しました。







にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村








プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。