snow2field

snowfieldの日本株投資、日本株予想

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

個別株予想

16 5月

ここから先の相場で狙うべき銘柄!!

世界各国では 徐々にロック解除の動きが広がっています。

コロナとの共存への道  


コロナウィルスを完全に消せない状態ではありますが経済を動かしていかなければならないとの世界各国の認識。


ここから先も必要であり更に伸びるであろう 業種 企業の株価格は上昇していくと予想します。

現在 ダメなところははっきりしています。 

そういった銘柄を売って 上がるであろう銘柄へ資金が移動していく過程にあるといえます

なぜ上がり続ける銘柄があるのか?  というのは こういう事です。

マーケットでは全部売りではありません。  

投資家は見込みのない銘柄は売ります。


そして上がる見込みが有る銘柄に資金を入れる

それがいま とてもはっきりしていて 
上がる業種や銘柄が限られているので上がる株はどんどん 上がっていく現象が起こっています。


目の前に 稼ぎのチャンスがあります。

上がる銘柄は 年末・・いや  来年まで継続して上がって行く可能性があります。

ダメな銘柄は残念ながら 来年まで厳しい状況が継続するでしょう。


この流れに乗るのか?  乗らないのか?   

投資家なら乗らねばならない。   


そして アナリストや株の評論家が調べに調べても いきつく先は みんな一緒です。  

限られたものだけが上がって行く。




例として 極端ではありますが

世界には5つの株しか無いとします。  環境は現在と同じとします。


あなたは 100万円を  5社に 20万ずつ 投資しています。 



旅行会社株    激しい下落傾向 

ホテル株     激しい下落傾向

レンタカー株   激しい下落傾向

イベント関連株  激しい下落傾向

SaaS関連株  徐々に値上がり傾向



4種の激しい下落株を1秒でも早く売って  徐々に値上がりする銘柄に資金を移しませんか??

それでも 4種を持ち続けるなら  完全に負け組です。 


投資家なら 意地や固執は必要ないです。   

いま勝てる可能性のあるところに資金を入れるのが正しい選択肢です。  

柔軟で素早い決断が必要です。



まさにこの動きが起こっていると僕は感じています。


どんどん上がる株の理由です。

一部の銘柄にバブル的状態が今後起こるであろう。


コロナウィルスが終息に向かうまでは今の流れは止まることなく さらに加速していくと予想します。


そう感じる理由は今週のNY市場の値動きです。  


5月12日まで NYダウは 24300ドル台で 前回の 24600ドルへ向かうのか と思わせましたが

上がり過ぎもあって、空売りを仕掛ける大手 

たぶん有名どころも 一気に 引け30分前から攻撃的な売りを開始


マーケットは急落  慌てた連中が売り間に合わず。

引け前に断続的に売りを出すことで 翌日は 確実に逃げ遅れ組が寄り付から我先に売りを出す。

この動きがを発生さてたと言っていいです。  

13日 14日の 下落はその流れから 売りが拡大ここまでは 売り方の思惑通りでしたが  

FRB大砲が入って マーケットは急激に戻していく。  



売りで攻めていた連中が 焼かれました。  



14日の深夜に すでにコロナショックリセットして最高値更新の銘柄も煽りをうけて一時的に下げましたがその後すぐに戻しました。


そして昨日 15日 最高値更新を継続する銘柄群は 

強い銘柄は 寄り付から上昇  引けまで強く推移しました。


ダメな銘柄から 断続的に 資金が流入していると感じます。


この流れが日本株でも起こりつつあるといえます。


上がる株は上がっていく!!  下がる銘柄から資金が上がる銘柄に移動していくであろう。


どの銘柄について行けば値上がり益の恩恵を受けることができるのか?


重要なのは銘柄選定です。


明日のメルマガで来週からも上がっていくであろう銘柄を配信します。


下がり続ける銘柄に この先もこだわりますか??



僕は下記のような テーマがあって上がる銘柄について行きます。
(これは某日本株)

_20200516_132558



16 5月

NVIDIA 最高値を大きく更新!!

昨夜 NVIDIAは 最高値を更新

動きだしたのは深夜 2時以降!!

最高値更新の理由があります。  日本では一切伝わらない内容。
これを理解して乗れるかどうかです。

上げる株には訳がある。

(理由はメルマガ参照)



_20200516_104108


決算発表は5月21日予定









一昨日木曜日 日本時間深夜  

NYダウ指数が一時22700ドルまで下げました。

ナスダック指数も 8700ドルまで下落しました。


NVIDIAも前日に 320ドル台へ乗せていましたが 全体相場下落の煽りで

一時 307ドルまで下落  

しかし大引けでは320ドル台へ戻す


昨夜も一時 317ドルあたりまで押す時間がありました。



9 5月

株式売買の利益の一部を寄付

4~5月、株式市場の戻りに上手く乗れたので、利益の一部を寄付させていただきました。

_20200509_124648


2 5月

NY株大幅下落について  ダウ620ドル安の背景

昨夜のNY市場 622ドル安


ナスダック   284ドル安



ナスダック指数は 先日の時点で 昨年12月頃の水準へ戻していました。
ほぼコロナショックはリセットの位置



  _20200502_105008


戻りのピッチが速かったので、利食い売り優勢での下落 

調整して当然!!

週明けのNY市場の動きをみましょう。  





NY株 時価総額 1~3位を争う銘柄の1つ  アマゾンは 最高値を連日のように更新!!

いつまでも 二番底 二番底と 待ってる人は 完全に乗り遅れています。

攻める人は、この1か月 NY株で 恩恵を受けていますね。

アマゾン以外でもNY株個別は 最高値を更新する銘柄が出てきています。

そりゃあ 上がり過ぎたら調整下げもします。



コロナショックでの爆下げ、十分安くなったNY株  買えなかった投資家

今度は  2番底を待つ。   


2番底が来たら 来たで もっと下がるのではないかと怖くて買えない。

じゃあいったい何時買うんだい?  
買えない人は暴落であろうが 二番底であろうが 怖くて買えない。

押し目 押し目 というが  押したら買うんかい?

株はみんなが総悲観して怖い  怖いという場面で買うんだよ。


果敢に攻める連中は この1か月攻めて  恩恵を受けてます。

負けを取り返した投資家もいますね。  




コロナショックでの爆下げとしてはもう終わってます すでに過去です。  

コロナ拡大から 非常事態宣言~各国ロックダウン~世界経済ストップ



世界をよく見てください。  

一部地域はロック解除の動き、 これ以上経済を止めておけない!!

段階的解除から経済を動かしていく!  

コロナとの共存を選択!!(ここ重要)  すでに流れは変わっています。


ギリアドサイエンス社の レムデジビル
日本の富士フィルムグループの アビガン
感染者への投与で効果も出ています。 





ナスダック個別の最高値更新銘柄は コロナショックなどすでに 引きずっていないと言っておきます。





今後下げるとしたら違う話になるでしょう。  

コロナの後の影響によるものが原因での下げ要因はあります。
企業倒産の増加や失業者増加です。



出来るだけそれを抑えるために世界は経済を動かす選択をしつつあります。


世界は前を向いて動きだしています。



もしも相場が何かのきっかけで大下げするなら 僕はまた多くが悲観する場面で買い挑みます。











28 4月

某アメリカ株  上昇継続 コロナリセット!!

メルマガでお伝えしている 攻めのアメリカ株  

その一つが こちらのチャートを刻んでいます。

コロナショックで下げましたが、3週間も前にすでにコロナ前に推移した水準へ浮上 

そしてコロナ前に爆上げしていた水準へ向かっています。


未来へ持って行くべき銘柄の1つ 


この会社の技術は 未来のネット社会で必ず必要です。 


こういう銘柄に乗るんだよ。  



昨夜の値動きは圧巻の大幅高!!  コロナ前の最高値を更新するのは時間の問題です。

下げたとしても調整でしょう。 アフターコロナの線路に乗っている銘柄であるといえます。



_20200428_122244



銘柄名はメルマガでお伝えしております。
プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。