snow2field

snowfieldの日本株投資、アメリカ株投資 

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

日本株投資

6 9月

日経 なぜ上げてるか? 理由をしっかり把握!!

日経 一時 29600円  

今日のギャップアップは 先週末から お伝えの通り、

金曜日の 日経急騰時  外人は寝てる時間、

今まで 日経平均を ヘッジで 売りまくってきてて   売りポジション  空売りポジション

NY上げの  日経売られてる状態だった。   


NYを買って  日経を売るポジション


その背景から ダウスプレッド 8000まで拡大していた




その流れが ジャクソンホール通過での戻しの流れから


まさかの  金曜日 場中での 菅総理 辞意で急騰

(外人の多くは寝てる時間)




日本の政治が変わるという期待から   日経買戻しの流れ



東京 引けて   今まで呑気に売っていた外人が  ド肝 抜かれたんだよ。


慌てて シカゴ先物市場で先物買戻し  個別の空売りは 週明けの 東京で買い戻すしかない。


これが

今日の 日経 一時 29600円の背景。



この上げの背景が どういった理由なのか?  しっかり分かって 理解していれば  

いつまで続くか  どこまで行くかが見えてくる。



★現時点で ショート勢の買戻し 主体ということ★


まだ 総理は決まってない  政権運営 方針も まだ先の話



今週末は 9月 SQ 



現時点で  ジャクソンホール前の  ダウポイント差 8000から  急回復

日経27000円から   10営業日くらいで   29600円へ



短期として 上げ過ぎ   



日経平均の 25日線27800円辺り  




ここからどうなる?   詳しくはメルマガにて





こういう内容を 常にダイレクトで 1日数本 メルマガにてお伝えしています。


いち早く 最新の相場の状況は  メルマガにて!!





5 9月

土曜日早朝 シカゴ日経  先物29600円




金曜日、場中でのメルマガ配信で

外人勢力はみんな寝てる時間での急騰劇なので
外人が起きたら 
びっくりしてショートを買い戻しに来るので 夜間で上げる可能性と。


案の定  大きな上げ


_20210905_115837




メルマガでは毎日数本配信でマーケットの空気をダイレクトにお伝えしています。



4 9月

日本市場 流れは変わってます

昨夜の日経シカゴ先物  29600円台  引け  

とてつもなく大きな変化です。   

●今までの菅政権での 値動き 常識 すべて リセットしての思考が必要 

●メルマガで昨日 15:00過ぎ お伝え通り、外人勢が寝てる時間での日本国内事情 急変によって日経急騰  

ダウントレンドを 売りまくってきた外人先物勢力が 朝起きて 大慌てで  先物買戻し、

週明けは 個別の空売りを 買戻しでしょう。


★日経を取り巻く環境は  大きく変わりました★

ここから先は  
次期 首相が誰になるか  
リーダーシップをとれるか  
腰を据えた政権運営ができるか 
世論の評価を得れるか

同盟国を含め 主要国と 緊密なコミュニケーションをとれるか

株式市場に対してプラスになる政策をとっていけるかどうか



過去の 総裁選 前後での 値動きがどうなったかを調べる必要がある。



ダウスプレッド  8000は もうない。  

次期政権が決まったら  

次の流れが生まれる   
それが ダウスプレッド 3000なのか  5000なのか  見極め必要




●日経は 次期総理と政権次第では  32000円!! もありえる

19 6月

NY大きな下落について

下記は 先程配信のメルマガ内容です。


マーケットに関わる方は NY市場の下落に注意してください。  




メルマガでは FOMC前の週  6月10日 11日あたりから 注意を促してきました。

(正確には5月の配信から  6月7~9日あたりで トレンドが変わる可能性と)






●  ●  ●  ●






NYダウ指数は 直近3営業日で1000ドル幅オーバーの下落


ダウントレンドの中


いつもの事ですが  この下落はいきなり起こったのではなく、先週の動画配信でチャート解説した時にもお伝えしたように

徐々に上値重く テクニカル悪化から注意必要と

そして

FOMCの日に 深夜に 空気がおかしい と     


空気おかしいと言ってから ダウ1000ドル幅オーバー下げています。  


このあたりの空気感の読みは 外しません。   

いつも的確に捉えています。

来るべくして 来た下げと言えます。    


6月の季節的要因もあります。   毎年 5月 6月は パフォーマンス悪いです。 

下げないと上げません。  


今週 ダウチャート週足  陰線   日足 週足共にダウントレンドの中 

S&P500も週足 陰線 週足高値からの陰線発生で 週足 MACD シグナル デッドクロス ダウントレンド入りと見ていいです。



アメリカを代表する指数 2つが  ダウントレンド入りです。  


日本株にも影響が出るでしょう。    


昨夜のNY下げで  日経 460円安   28500円

週明け 月曜日は  寄付き 大幅ギャップダウンは確定です。





●前もって、ダウ危険だよ~  S&P500も このまま行くと 陰転だよ~  

日経はアメリカ次第だよ~  と 言ってきたので 身構えれたとおもいます。

そして 今回も 大きな被弾は無いと思います。


マーケットで起こる 相場の波  上げの波 下げの波   

下げの波に入る時に サッと身を引くことで  大きな被弾を回避できます。  


下げの波で 被弾しない事です。   


●恐怖指数(日足) 急騰中で レジスタンスラインブレイク  下落トレンド鮮明







来週 どこかで反発が来るでしょう しかし それは あや戻しです。

(空売りなどの買戻し主体)


その時に 買ってはいけない。


7月決算ラッシュです。  決算ラッシュへ向けて 短期トレンドが変わるタイミングが来ます。

それまでまだ日柄が必要です。


落ちるナイフは落ちてから拾うもの。




★要注意事項★


耐えていた ナスダックチャートですが 昨夜の下落で  日足MACDが右下へ変化   14200ドルはまだ超えていない。


ナスダックチャート 日足は微妙に暗雲状態  週明け値下がりすると さらにMACDは右下へ向きます。 そうなると シグナルとデッ

ドクロスの可能性が出てきます。


あと2回~下げたら  デッドクロスします。


上がるしかないが このマーケット状態で上がれるかどうか。。


ナスダックがもしも 下落に転じたら  トリプルトップ形成です。  

ダメと分かったら 世界中の投資家が売ってきます。

耐えてきた分 大きな下落になるでしょう。 注意が必要です。

10 11月

日経失速

日経寄り天 失速  



日経 25237円  寄り付き 


日経25000円台なんて誰も 買わないでしょ。 買ったが最後 後ろには誰もいないよね



ダウ上げの影響で 先物吊り上げられただけの相場です。


中身ボロボロですよ。


先物だけのインチキ相場です  


手出し無用   





にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村





プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。