snow2field

snowfieldの日本株投資、日本株予想

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

NY株動向

3 7月

ナスダックチャートはリセット

ナスダックは昨夜で4連騰


最高値を更新

週明け以降利食いを吸収して


もう一段上のステージへ行く可能性


乗るべきはナスダック指数連動 ETFと  ナスダックの個別です。






27 6月

ダウ連動ETFのチャート


下記はダウ連動ETFのチャート DIA


このチャートはどちらに向かう可能性が高いでしょうか?

あの1800ドル安の日を境にして
下方向へ変化しています。

連日テクニカルは悪化傾向


先日の1800ドル安直後の安値に接近です。

割れると一段 下が点灯します。


現在 株価も右下向き  

テクニカルも右下へダイビング状態   明かなダウントレンドです。





27 6月

ナスダックチャートは売りサインが点灯

先日の最高値を更新後に
ナスダックチャートは

宵の明星が発生


チャートを見れる人ならこれが出ると
どういう流れになることが多いかは
ご存知とは思います。

必ずそうなるわけではありませんが、
危険な兆候です。

最高値を奪還すればリセットでしたが、
今夜、ダウもナスダックも大きく下げています。

警戒しましょう



25 6月

NYダウ 710ドル安

一昨日の 日本時間早朝   NY市場が閉場する前のブログ配信



外人的感覚でいえば

あと4時間後に始まる日本株、ヘッジで
売ります

今夜のNYと明日の夜のNY

利益確定売りが広がると読むなら

日本株は先回りの売りです。



昨夜の下落はあの時から始まっている。


マーケットには 曜日とか 、タイミングとか  下げる日ってあるんだよ。



とにかく メルマガご覧ください。   全部 全部  お伝えしています。


読んでいただければ 勝てますし   


下げる前から  警戒をお伝えしています。




僕は 昨日の日本株もスルー   昨夜のNYもスルー 


今日は?



NYはどこまで下げる可能性があるか? 


今夜も下げる?   

明日は?  


メルマガでは 目途も可能性もお伝えしています。




先が読めていればやるべきことが見えてきます。





一緒に荒れ相場を乗り越えましょう!!






今日は 日銀買い発動あり  予想


場中では日銀買いで戻す時間があるでしょう。


問題は その後です。  その後どうなる??

メルマガでお伝えしております。





にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村





にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村





にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村






にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村







23 6月

NY株 ココから10%値上がり益の取れる可能性のある銘柄

NY市場は活況です。



毎晩最高値銘柄が 続出しています。


アメリカ合衆国 巨額財政出動の恩恵バブル  

数年に1度有るか無いかの短期間 大相場です。


過去 これほど短期間で上げまくった相場はありません。  


コロナショック後 3月末  メルマガで  マーケットは前を向き始めた可能性があるとお伝え。


4月マーケットは コロナの先を見始めている可能性と お伝えしてきています。



今乗らないと 稼ぎ損ないますよ~~




ココから10%は稼げる可能性のある銘柄   


選定条件   


とにかく業績  コロナの最中でもしっかり稼げているであろう銘柄

今旬のテーマに合致している事。

そのテーマはこの先のコロナとの共存の世界でも必須であること  

ファンドやヘッジファンドが絡んでいる事、(これは 日本人ではほぼたどり着けないアメリカのサイト奥深く)

世界中の投資家が調べるとたどり着くことができる銘柄であること。

程々の人気、流動性があること

アナリストによる 株価レポートで現在値よりも目標価格が上の設定である事。



これらに合致する銘柄で まだ値上がり余地のある銘柄をこのあとメルマガ配信します。


乗って行かないと稼ぎ損ないます。


今しかないですよ。  アメリカ株が活況の間に少しでも稼ぐのです!!


プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。