snow2field

snowfieldの日本株投資、アメリカ株投資 

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

NY株動向

31 7月

米3指数チャートについて


ダウチャート日足

昨夜の下落でMACD は右下へ変化
来週月曜日に下落すると
シグナルとデッドクロスの形へ

5月高値からの横へラインを引くと
現在の高値が、頭打ちライン

下げの流れになる可能性

来週から注意


_20210731_103020








S&P500チャート日足


昨夜の下落でMACDがシグナルと微妙にクロス
週明け下げるようだと頭打ち意識


_20210731_103349








ナスダックチャート日足

7/8以降  MACD シグナルは右下へ向いたまま
7月天井感を感じる形


_20210731_102755





3指数日足チャートで一番、形が悪いのは
ナスダックチャートです。


一番形がましというかしっかりしているのはS&P500指数チャート




米主力決算も出揃っての8月入りです。


来週からどういった動きになるかの見極め重要。

3指数チャート 日足だけで言えば良いとは言えない形なので注意必要。





それぞれのチャートが改善するには  力強く 出来高を伴って上げれば問題ないです。

ですが多くの投資家が夏休み入りのタイミングでは ボリュームを伴った上げは期待できません。



毎年夏場は相場が枯れます。  



すでに 大きな資金を動かすところは7月8日近辺の下落の時に
引き上げて今頃夏休みを満喫しています。


3 7月

アメリカは独立記念日前は強い!!

過去の統計から アメリカ市場は独立記念日前は強い傾向にある


メルマガでは6月からお伝えしてきました。


独立記念日7/4 の前は 強いよ~と


昨夜のNY市場

3指数揃っての上昇!!


過去10年での 勝率は〇〇%   完全に勝ち越しています。


_20210703_090957



メルマガではかなり前から 

何度も  
ここは強い可能性 しっかりの可能性をお伝えしてきました。


そして今年も 上げ!!   


目の前に上がる可能性があるなら  
戦略が立てやすいといえます。


何を狙えば良いのか??


狙いの基本は  指数連動 ETFです。  




主要3指数はバンバン上がりましたが  個別株指数 ラッセル2000は0.8%下落  


個別株の一部は軟調なものもあります。




ポートフォリオを個別で全部揃えて 全銘柄で 上昇というのは ほぼ不可能です。


こっちが上がれば こっちが下げる   


特に今 下げだしたら10% 20%下げるのが個別株



個別株を行くのは 一番最後です。   




●今の相場  ほんと  個別は難しいです。  

今年の2月までは なんでもバンバン上がりました。



今は違います。  行けると思って買っても そのまま失速10%下落するのはよく起こります。



トコトン調べて 選定していても 逆に動くことがあるのが 個別株です。





基本は  


指数連動 ETF  



指数の値上がり恩恵をダイレクトで 受けれます。  

そして個別リスクはありません。



いま最も 綺麗なチャートは  S&P500指数チャート


これに連動する ETFは VOO 一択で良いです。 



ほぼ似たような組み入れの SPYもあります。  こちらは運用元が違い  コストがSPYの方が少し高い

長期で見ると ほとんどさは無いのですが。


S&P500連動  VOO   一択       


もっと万遍無く組み入れている VTIというETFもありますが
結局動きは一緒です。  


なので  VOO 一択で良いです。



SPYも持つ VOOも持つ  VTIも持つ  これ 意味ないです。  


VOO一択で良いです。   


じゃあ VOOが壊れたら?    

そうなるって事は運用元の バンガードが壊れるって事です。


世界最大規模の運用資産会社 

運用資産700兆円の バンガードが 壊れるような 事になる時がもしも来たら



全相場が死ぬときです。



700兆円とはどれくらいの規模?

  

アメリカ市場全部の時価総額 4500兆円くらい  なので 6分の1くらいの規模


資産運用規模からいっても  バンガードの ETFを持っておけば 間違いない。 





ダウ指数連動なら  DIA

ナスダック指数連動なら QQQ

S&P500指数連動なら  VOO





この3つが基本の基本です。  


19 6月

NY大きな下落について

下記は 先程配信のメルマガ内容です。


マーケットに関わる方は NY市場の下落に注意してください。  




メルマガでは FOMC前の週  6月10日 11日あたりから 注意を促してきました。

(正確には5月の配信から  6月7~9日あたりで トレンドが変わる可能性と)






●  ●  ●  ●






NYダウ指数は 直近3営業日で1000ドル幅オーバーの下落


ダウントレンドの中


いつもの事ですが  この下落はいきなり起こったのではなく、先週の動画配信でチャート解説した時にもお伝えしたように

徐々に上値重く テクニカル悪化から注意必要と

そして

FOMCの日に 深夜に 空気がおかしい と     


空気おかしいと言ってから ダウ1000ドル幅オーバー下げています。  


このあたりの空気感の読みは 外しません。   

いつも的確に捉えています。

来るべくして 来た下げと言えます。    


6月の季節的要因もあります。   毎年 5月 6月は パフォーマンス悪いです。 

下げないと上げません。  


今週 ダウチャート週足  陰線   日足 週足共にダウントレンドの中 

S&P500も週足 陰線 週足高値からの陰線発生で 週足 MACD シグナル デッドクロス ダウントレンド入りと見ていいです。



アメリカを代表する指数 2つが  ダウントレンド入りです。  


日本株にも影響が出るでしょう。    


昨夜のNY下げで  日経 460円安   28500円

週明け 月曜日は  寄付き 大幅ギャップダウンは確定です。





●前もって、ダウ危険だよ~  S&P500も このまま行くと 陰転だよ~  

日経はアメリカ次第だよ~  と 言ってきたので 身構えれたとおもいます。

そして 今回も 大きな被弾は無いと思います。


マーケットで起こる 相場の波  上げの波 下げの波   

下げの波に入る時に サッと身を引くことで  大きな被弾を回避できます。  


下げの波で 被弾しない事です。   


●恐怖指数(日足) 急騰中で レジスタンスラインブレイク  下落トレンド鮮明







来週 どこかで反発が来るでしょう しかし それは あや戻しです。

(空売りなどの買戻し主体)


その時に 買ってはいけない。


7月決算ラッシュです。  決算ラッシュへ向けて 短期トレンドが変わるタイミングが来ます。

それまでまだ日柄が必要です。


落ちるナイフは落ちてから拾うもの。




★要注意事項★


耐えていた ナスダックチャートですが 昨夜の下落で  日足MACDが右下へ変化   14200ドルはまだ超えていない。


ナスダックチャート 日足は微妙に暗雲状態  週明け値下がりすると さらにMACDは右下へ向きます。 そうなると シグナルとデッ

ドクロスの可能性が出てきます。


あと2回~下げたら  デッドクロスします。


上がるしかないが このマーケット状態で上がれるかどうか。。


ナスダックがもしも 下落に転じたら  トリプルトップ形成です。  

ダメと分かったら 世界中の投資家が売ってきます。

耐えてきた分 大きな下落になるでしょう。 注意が必要です。

13 6月

来週の狙い


下記はメルマガ配信の内容抜粋です。









来週の相場少しでもリターンを得るためのアイデアとしてお伝えします。



ナスダック指数が最高値へ接近もしも高値ブレイクしたらダブルトップをブレイクということで上に跳ねる可能性がある。


_20210613_113510


もしもそうなったら 数か月に一回あるかないかのチャンスです。



もともと 指数のダブルトップという形は そうそう 起こらない形です。



それをトライということも めったに起こらない形。  



目の前にそういう形があること自体が チャンス!!



●もしもナスダックが14200ドルをきっちり超えるようですと、次の決算ラッシュ7月末あたりへのトレンドになる可能性



▼逆に 今回 14200ドルで弾かれそのまま超えれない場合はトリプルトップという相当分厚い壁になる▼





●メルマガではユーチューブ動画にてチャート、銘柄について解説もご用意
(メルマガ会員さんへの限定公開です。ユーチューブは一般公開はしていません)



リターンを得るには何を狙えばよいのか?

7か月ぶりの変化になりつつある銘柄 すでに動き出しています。
(メルマガにてお伝えしております)




_20210613_113924




4月末高値顔合わせの某銘柄  上に抜け出すと 跳ねます!

(銘柄名はメルマガにて)





_20210613_114138



こういった銘柄を攻めるのです!!






攻めるのは
ネットフリックスのようなチャートではないです。


このようなチャートの株は関わるだけ時間とお金の無駄です。


_20210613_115041








余談  最近日本のテレビ CMで ピンタレストを宣伝してますね。

2年半前 ピンタレスト上場時に メルマガでこれは未来を感じるとお伝えした時 25ドルでした。

いま 68ドル。   

いずれ日本にも上陸すると。 2年半経過して 日本でも宣伝されています。

目の付け所は合ってます。



そういう目線で ロブロックス RBLX 長期口座で少しでもいいので買って 未来へ持って行こう。


長期口座では未来に花が咲くであろう株を 無理のない範囲で少しずつ保有しておくんだよ。

短期口座では波に乗る!! 波が引いたら身を引く  これの繰り返しです。
7 6月

シカゴ 日経先物 東京比240円高

週明けシカゴ日経先物 29180円

_20210607_074951


7:50現在  シカゴCMEは29200円まで拡大中


週明け月曜日の寄り付きは200~250円幅くらいのギャップアップとなりそう。






今週は金曜日にMSQ算出があります。




メルマガでは現在 ある日程買い ある日程売りの勝率100%をお伝えしております。





週末海外情報 

アメリカでは5月後半週 クレジットカード使用率が 前年同期間比で 大幅上昇

米FRBイエレン議長は直近数か月で2回目となる 金利上げについて言及





プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。