下記は今朝配信のメルマガ原稿 そのまま添付




11月の アメリカ市場は強い

11月は年間でも1~2の強い月  これはどんな年でも毎年のこと

例年言ってることであります。

メルマガでは10月から11月は例年強いとお伝え


特に今年は 利上げ云々で バタバタあったが

昨夜 ダウは 34000ドル乗せて引ける

ダウは年初高値 36952ドル   今 34000ドル  一時28666ドル(9月)

一時的に高値から 8000ドル幅下げたが 今は 5400ドル幅戻している。



ナスダックは11174ポイントと ダウに遅れは取っているが ようやく 底堅くなってきたか。




10月に マーケットは 一番しんどい部分を 通過したといえます。
ここブログでも過去ログ見てもらえばわかりますが 10月の投稿で一番しんどい部分は通過したとお伝え





日経先物 28360円へ 浮上   11月SQ値 28225円を 夜間で ブレイク



●今夜の 米市場感謝祭り1日前   マーケットを見る限り  利食いで下げても 波乱はなさそうです。

金曜日のNY市場は 半日営業です。



アメリカは 明日から感謝祭 ブラックフライデーと 週末が来ます。  基本的に 4連休的なムードになります。

多くの 国民は 家族 友達 恋人と 感謝祭を祝い 休暇と買い物を楽しみます。



既に注目は 12月 雇用統計  CPI FOMC  そして 2023年への展望に視線は移ってます。



■■マーケットは 利上げのMAXを もう織り込んでいます■■ 


もう利上げで バタバタするのは 最前線では 10月に終わっています。

●10月から そろそろ 秋 先を見据えて 仕込むものは仕込んでいこうと●



最前線では 利上げのことはすでに過去になりつつある。 


ココから先は 2023年に アメリカは 景気後退が起こるか どうかです。  

景気後退といっても 軽いもの 中程度 重度 レベルは様々


軽度程度であれば  マーケットは 吸収できるでしょう。


僕の予想は 景気後退があっても 軽度 もしくは あるか無いかの境目くらいで 耐えるのではないかと。