ここからの先の未来どのように投資をしていきますか?


日本市場でも、例えば先物を売ったり買ったりを繰り返して利ザヤを積み重ねる投資法は、毎日常にウォッチしなければなりません。

なかなかそれは難しい事です。 勝ったり負けたりを繰り返すと、博打のようになってきます。


本来の株式投資とはいったいなんでしょうか???

会社の未来を買う!!

会社の将来の業績を読み買う!!

会社を応援する!!

もともとの基本はそういった事であると思います。


近年は利ザヤを稼ぐのを優先するために、レバレッジを大きく掛けたり、一発を狙う的な博打要素が大きくなっています。



保有資産の中でそういった部分に使うお金は有っても良いですが、

基本は未来を読み、未来を買うような腰を据えた部分を軸にするべきではないでしょうか。





長期投資としてのシンガポールリート投資を2010年から僕はずっと行っています。



日本のリート 平均利回りは3.5%(税引き後2.8%)


シンガポールリートの平均利回りは5%(日本国内税引き後4%)  シンガポール側は無税

5~8年前までは平均利回りは6.8%~7%ほどありました。  銘柄の値上がりで株価が上がって利回りが低下している。


これは世界の富裕層が高い利回りを求めて今も断続的にお金を入れているからです。



5年くらい前までがシンガポール国内で口座を開設する最終タイミングでした。
8年前は規制もなくてすべてが緩かった。


現在はシンガポール国内で口座を開設することはほぼ困難です。

日本国内でシンガポールリートに長期で投資する方法は、SBI証券で一部取り扱い
マネックスや楽天証券でも一部取り扱い

アイザワ証券ではもう少し多く取り扱っていますが、対面証券なので手数料がかなり高額

Interactive Brokers証券(アメリカの証券会社)ですが日本で口座開設可能  日本版があります。
ただし最低預入額 10万USD(日本円で1080万円相当) 以下の場合は 
口座維持手数料が発生 毎月10米ドル  年間120ドル  日本円で13000円ほど(たぶん)

詳しくはウェブサイトを確認ください。



IG証券でも取引は可能ですが、IG証券の場合は 株券ではなくCFDになりますので、
保有するには金利が掛かってしまうのです。
短期なら良いが中期 長期になると IG証券では厳しいです。





 


にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村