snow2field

snowfieldの日本株投資、日本株予想

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

snowfieldの提案する投資法。国内投資経験28年、海外株投資経験10年の経験と人脈からの情報を元にして、独自分析による銘柄選定と相場見通しなどを日々配信 コロナショック安も被弾することなく日本株アメリカ株の業績推移を独自分析し、それを元に未来の株価を算出し割安であろう銘柄への短期投資で利益を出す方法を実践中 新規上場IPOについてもお伝えしていきます。
21 3月

NY市場  再び沈没⤵️⤵️  週間ほぼ安値引け

_20200321_074918

NY市場

寄り付きは
反発して始まったが、

アメリカは国を事実上封鎖する措置を発表

これをうけてマーケットは下落に転じ、ほぼ安値引け


週明け、また下げて行きそうです。

今週の底はダウ18917ドル
今のところここが底ですが

今週下げ止まらなかったです。

リバウンドはしたが、底打ちとはならなかった(まだ割ってないが)


再び底探しとなると思ってて良いです。

次の目処、、、

まだまだ底は深そうです。


日経先物、東京比プラス引け。
あれだけ弱かった日本株がいったい
なぜ?

先週からNYが2300ドル下げても
付き合わず

2900ドル下げても
軽微で済み

昨夜に至ってはシカゴ先物プラスで引けてる‼️

なぜなの?

何のイカサマなの?

理由があります。

複合的要因があって日本株がしぶとい動きになってます。

下げが抑制されているどころか

昨夜のシカゴ先物通りなら
週明けの東京はギャップアップで始まります。

NYは沈んで行くのに、日本株は上がる??

この先もそうなるの?

日本株買いなの?

どういうこと?


日経先物がしぶとい理由があります。

メルマガを見ていただければ
なるほどと思っていただけると思います。



NY市場はまだ下げるでしょう。


ですが下げの5合目は過ぎたと言っておきます。

この下げのピークで仕込むべき
アメリカ株もメルマガでお伝えしていきます。


株は安い時に買うのです。

これから安いゾーンへ入っていく。

20 3月

NYダウ先大幅上げ  欧州軒並み上げ!!

今夜の NYリバウンド継続となりそうです。


とりあえず そろそろ感^^


置き去りにされないように。  



まだもう1回下に向かう可能性はあります。   完全に底は確認できてないが、もう一番深いところまでは押さない可能性もある。


このまま ダウ 23000ドルくらいにするする戻っていったらどうする??

日経は19000円までもどっていったら?


そういう事もあり得るのが相場です。  



詳しくはメルマガにて。



_20200320_192530











20 3月

一番キツイ下げ部分は回避

1月後半から買う理由無しとお伝えしてきました。
高値から30%下落

一番強烈な下げ過程を回避


そろそろ感だよ。

ダウ指数は最高値29568ドルから
36%下げました。


下げの一番強烈な部分は通過したかも

この暴落の半分は越えたのではないか。

ここから先はどれを買うべきか?

攻めに出るタイミングを探ることになります。

ダウ指数も日経も30%下げて母体が小さくなりました。

%は同じでも
30000から30%落ちるのと
9000幅

20000から30%落ちるのでは
6000幅

大きさが異なります。


一番強烈な部分は通過した。

まだ下げる可能性はもちろんあります。

先日のダウ23000ドルからの
3000ドル安

あの強烈なインパクトはもう無いかな。

パーセンテージ的にももう無いと思います。

資金温存してきたので

なんぼでも動けます。

そろそろ感

コロナのピークと下げのピークはおそらく一致はしない。

株は先取りです。  全てがピークに達した時、株価はすでに反発が始まっているでしょう。



にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村






20 3月

NY市場 2日連続の下髭

昨夜のダウ指数一時700ドル安
この時点で前日付けた安値割っていない。

反発しダウは188ドル高

同じくナスダックも寄り付き安のあと急反発
ナスダックの方が戻しが早く2%を越える上げで引ける

●この時間のシカゴ市場
NY先物は昨夜の上げを帳消しにする下げになっている●




今のところ前日18日安値を割ってないので前日安値が一番底


これはダウン指数でいうと
最高値から36%下落した位置

ナスダックでいうと30%下落した位置


下げ止まった?

大底を打ったか?


NY市場をやっているプロ連中が
どのように考えているか?

海外マーケットに関するニュース
SNS、ファンドマネージャーの発言等

アメリカのWebサイトなどぐるっと一回り見て

トータルで総合して

どう言った状況で見解なのか

このあと
メルマガ配信します。


日本国内で言われていることと、
NY市場に関わる中心部では

全く次元が違いますからね。

日本にはそんな話しは入って来ません。


19 3月

株価が戻るのは歴史を振り替えれば明らか


問題はこの下げのピークがどこになるかです。

_20200319_202819


大下げで損失を出してしまった人
含み損を抱えている人

もっと勝ちたい人
全てに言えるのは

戻る波に入った時に乗っていないといけないという事。

これを逃したら負けるよりも悔しい事になる。

歴史的大下げと大きなリターンは

10数年に一回です。

いままさに12年ぶりの大下げの中にいます




19 3月

日本開場前  シカゴNYダウ先物400ドル高⤴️⤴️

NY先物上昇の影響もあって

日経寄り付きギャップアップになりそうです。
19 3月

NY市場  底割れ⤵️⤵️⤵️

昨夜のNY市場

ダウ指数は20000ドル割れ
ナスダックは7000ドル割れ

先日の安値を下に抜けています

アメリカもヨーロッパも底抜け⤵️⤵️

下値探しです。

手出し無用です。

また一番底を付けて2番底を試してとなります。

どこまで行くか?


どこまで下げるか?


どうなるか?


詳しくはこの後、メルマガ配信します。


日本は3連休入りです。

週末何が起こるかわかりません。


買う理由は何もないです。




_20200319_072746



NY市場が引けてからシカゴ先物は
更に下落しています。



18 3月

相場で生き残るために!!!  

現在 多くの投資家が負けています。

なぜ負けているか?  

株を保有してて下落をまともに被弾しているからです。

今回の大きな下げ 回避できる方法がありました。

僕のメルマガを購読いただいていたら、回避できたと思います。

相場が調子良い時、下げてもだいたい程々の抵抗ラインで戻っていくんですよ。

今回もほとんどの投資家が、そうなると思っていたと思います。

さげればナンピンすれば何とかなると。  

大丈夫だろうと。  



結果的に 爆下げにより大きな過ちに気が付いた時は莫大な負けになっている。


今後のためにこの爆下げ相場から学ぶことがあります。


日本株との向き合い方。 どうすれば今後はもっと上手くなれるか?


どうすればいち早く下落を察知できるか?



僕は高校生の時から相場をやってます。 痛い思いもしました。

痛い思いをしたから相場の怖さを知ってます。  


皆さんに負けてほしくないからたくさん伝えようとしています。


一緒に勉強しましょう。  勝つために学びましょう。 

負けても軽微な被害で済ます方法はいくらでもあります。 


まだ戦えるでしょ?   

この下げの後には上げが待ってますよ。

そのためにはもっともっと様々な事を知ることが必要です。 



メルマガで待ってます。 負けない投資をお伝えします。


生きてたらまた戦えます。   








メルマガはまぐまぐsnowfiledで検索ください。







18 3月

この時間も 欧州全面安

シカゴ先物市場で NY先物はサーキットブレーカー発動したままで止まってます。

先日ダウが2900ドル下落した日も サーキットブレーカー発動でずっと止まってましたね。


今夜の NY市場 節目のダウ 20000ドル そして昨夜の安値 ダウ19880ドル

ここを割り込むと また 底探しです。  


このムードから行くと  ダウ 20000ドルはあっさり突き破りそうな・・・



_20200318_191232



日経先物は下記

大証夜間
16140円  これは配当落ち後価格

実際はこれの200円上
16340円あたり



_20200318_200135


18 3月

結局日経 マイナス転  ダウ先800ドル安

シカゴダウ先物  朝からずっと下げ



この時間は朝よりも もっと下げてる


関わらないほうが良いです。

プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。