snow2field

snowfieldの日本株投資、日本株予想

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

snowfieldの提案する投資法。国内投資経験28年、海外株投資経験10年の経験と人脈からの情報を元にして、独自分析による銘柄選定と相場見通しなどを日々配信 コロナショック安も被弾することなく日本株アメリカ株の業績推移を独自分析し、それを元に未来の株価を算出し割安であろう銘柄への短期投資で利益を出す方法を実践中 新規上場IPOについてもお伝えしていきます。
7 3月

強い銘柄があります。 これはとても重要なことです。

NY市場で強いセクターがあれば、日本株も同じセクターで強い銘柄が出てきます。

このボロボロ相場であるNY市場のある銘柄が強い動きをしています。

煽りで下げましたがすでに回復して下げる前の水準で推移しています



某銘柄の下記チャートをご覧ください。


_20200307_224153


これは何を意味しているのか?

週明けに日本国内でもあるセクターが値上がる可能性がありますね。


この銘柄と大いに関係があります。


日本国内のあの銘柄です。


僕は週明けのギャップダウンで買いに行きます。



銘柄名はメルマガにてお伝えします。  この画像の銘柄もメルマガにて詳しくお伝えします。


メルマガは まぐまぐsnowfieldで検索ください。





まだ高値から14%くらい下落の位置です。 暴落は21%越えてからです。

いまのところ暴落は起こって無いです。


にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村



にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村







7 3月

ダウ指数と為替からの日経予想

ダウ指数25864ドル
シカゴダウ先はNY引け後に下落25780ドル


為替がドル/円 105円台へ円高進行

先々週、ダウが一回目の爆下げの時は
ドル/円が109円近辺でしたよね。

あれから4円幅円高進行

ダウとのポイント差(スプレッド5500)
として
日経は20200円~20300円が妥当水準

日銀と年金買いでこれより上の位置なら
それ以上は買われる理由が無いです。

ダウ指数マイナス5500ポイントあたりが
日経の妥当な位置です。

NYダウ指数が26000ドル、27000ドルへ戻すなら日経もマイナス5500の範囲で
戻します。


日本株はコロナの影響でインバウンドが崩壊してます。

今週までに下方修正した銘柄も増えてきています。

旅行のHISも下方修正、旅行関連は厳しいですね。

ホテル経営もかなり厳しいです。

トピックス指数が1471ポイントです。

本来はトピックス指数を10倍した数値が日経平均の価格

ずっと以前から言ってきたのは

日経6000円幅くらいが日銀ETF買いと年金買いで支えられている部分です。
これがなかったら、今の日経は
14500円~15000円程度しかないでしょう。


この話が理解できている方は日本株を長期投資はしてないですね。

今の日本株ほんと厳しい状況です。


可能であれば海外の株を取引できる環境も持つ事をオススメします。


日本株は短期での売買なら勝ち目はあります。

四半期ラリーや短期リバウンド狙いの繰り返しならなんとか勝てます。


ずっと保有してしまうとほんと厳しいです。



7 3月

NY市場下髭✨

NYダウ指数は買い戻しも入って下髭形成


とりあえずダウは25226ドル安値で止まった。

大引けは25700ドル台へ浮上



6 3月

NYダウ先800ドル安⤵️⤵️今夜も下げるぞ‼️

_20200306_222129

欧州株も軒並み3%下落⤵️⤵️

NY先物も3%近く下落


今夜もダウ指数は800~1000ドル安になりそう。


日経先物は東京比400円安程度です

20300円あたり

たぶん週明けも日銀と年金の買い支えが入るであろうから、先物勢力は売り込み難い。

日経20000円では日銀、年金が防衛線張ってますからね。

陥落したら日経19600円あたりまで一気に押し込みそうです。


日本株手出し無用です。

ノンポジ継続、資金温存でリバウンドまで待機です。




来週どこかで
リバウンド来たらデイトレか一泊二日して即撤収です。


今は1日保有すると大きく負けます。

やってもデイトレにしましょう
6 3月

日経660円安   NYダウ先350ドル下落

シカゴNYダウ先が 25780ドル   350ドル安となっています。
今夜のNY市場も下落の可能性あります。



日経は現在 660円安


今夜のNY市場次第では週明けの東京が波乱の可能性あります。


手をだなさい方が良いです。


見送りが賢明です。  


NYがどこまで下げるかです。




6 3月

NY市場  欧州全面安⤵️⤵️

_20200306_072426


日経先物は20800円台へ下落

今日は日銀ETF買い支えが入ります。

週末のバッドニュースでまた月曜日寄り付きから下落の可能性もあります。

場中は日銀買いで戻す時間があるでしょうが日本株期待の買いでは無いです。
手を出さない方が良いです。

やってもデイトレにしましょう。







1オンス金価格上昇で

NY市場の金ETFじわりじわり上昇中⤴️⤴️

金の値上がりでETFティッカーGLDの含み益が拡大中✨

_20200306_071719



5 3月

またNY先物が下落⤵️⤵️

_20200305_190127


今夜のNYは下落の可能性。

まだブレが続きますね。

明日は金曜日ですし、週末でバッドニュースが出れば週明けはまた波乱です。

来週まで様子みた方が良いですね。

5 3月

日経220円高程度のショボショボ上げ の理由

NYダウ 27000ドル回復 


中国市場連日の活況でコロナ前の水準に回復 



しかし日経は??  なぜ弱い?


複合的要因であります。

日本株が上がらない理由の一つが ダウとのポイント差 スプレッド 5500~5600

コロナ拡大の前に日経とダウのスプレッドは5800~6000に拡大していましたね。


コロナ拡大の前から日本株がNYダウ指数との差を広げられていました。



コロナ拡大や景気先行き不安からNY市場が大きく下落する局面で 日本市場は日銀や年金の買い支えで下げるであろう値幅を下げずに済んでいます。

本来なら、ダウスプレッド5500~6000であるなら NYダウが 一番押し込んだ時 ダウ 25000ドル割れなら

日経 19000円台です。  それが 日経21000円ほどで耐えさせてもらったのだから、NYが戻しても下げていなかった分 当然上がらないという事になります。


さらに 日本が買われてきた理由の一つにインバンド効果があります。

コロナ拡大で海外からの渡航客数が大きく減少していて 日本各地の観光地では閑古鳥状態



コロナの影響で1月~3月期の企業業績は大幅悪化は確実
インバンド関連も大幅失速は確実

数字としてどこまで影響が出るかはこれからです。


先々に悪い数字が並んでくるであろう状況  


そんな中で日本株の3か月先 半投資先を期待して外人勢が買ってくれるか???


厳しいよね。。  



コロナが終息に向かって 東京五輪の開催が何とかできそうというのが見えてこないと・・・



にほんブログ村 株ブログ 株 オリジナル手法へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログ 成長株へ
にほんブログ村





にほんブログ村 株ブログ IPO・新規公開株へ
にほんブログ村




にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村





5 3月

NYダウ27090ドル  1000ドル高⤴️⤴️

NY下落で下げが抑制された日本株h

NYが大きく戻してもショボショボなのは
先日の動きではっきりしてます


ダウとポイント差5500~5600が定位置


日経先物21400円推移


寄り付きは300円ほどのギャップアップです。

昨日本来なら日経800円安のところが
17円高で抑制されたのだから、仕方ないです。



毎日ジェットコースター相場です。

ここで注意すべきはまた週末がきます

金曜日は持ち越しはリスク高いですよ~


やっても明日の前場までにしときましょう。

4 3月

中国マネー活況‼️‼️  毎日15兆円以上の売買代金

中国株が活況‼️‼️

この記事を参考までにご覧下さい。

中国市場全体の1日売買代金17兆円だよ


東証の売買代金2兆円程度、、、

規模と次元が、、、









プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。