snow2field

snowfieldの日本株投資、アメリカ株投資 

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

snowfieldの提案する投資法。国内投資経験28年、海外株投資経験10年の経験と人脈からの情報を元にして、独自分析による銘柄選定と相場見通しなどを日々配信 コロナショック安も被弾することなく日本株アメリカ株の業績推移を独自分析し、それを元に未来の株価を算出し割安であろう銘柄への短期投資で利益を出す方法を実践中 新規上場IPOについてもお伝えしていきます。
22 12月

メルマガで攻めている銘柄



メルマガにて昨日から  複数配信している銘柄がこちら


メルマガで

僕はハッキリ     昨日から 買うと!



今日 株価はストップ高⤴️⤴️



_20211222_122437






なぜ  湖北工業を 攻めなのか?


根拠あってのことです。


何度もメルマガで 根拠 説明を配信しております。


上がる株には わけがある!!



株を買う時  なんとなくで買うのではないです。

買える理由があって買うのです!










22 12月

NY3指数は大幅反発



NY3指数は  4営業日ぶりに反発⤴️⤴️


_20211222_065224


3連続下落   1上げとなっています。



20 12月

マーケット  注意‼️‼️‼️



日経は600円安⤵️⤵️⤵️
_20211220_125828



先週金曜日の下落と合わせて

1100円幅 オーバー の下落⤵️⤵️⤵️




FOMC通過で

流れは変わったんだよ。


今は触らない方がいい。


全てが陰で  マイナスの流れです。


流れに逆らっても勝ち目はないです。


アメリカが落ち着きを取り戻すまで

静観が妥当です。



欧米の運用は  クリスマス休暇入りしていて


富豪投資家連中は  年明けまで戻ってこない‼️‼️




20 12月

日経は大幅下落⤵️⤵️


一時500円安⤵️⤵️

今は関わらない方がいいです。





_20211220_115213

20 12月

日本市場開始前  日経先物下落



_20211220_084821



シカゴNY先物  ダウ先下落してます。


NYが下げとまるまで

日本株は関わらない方がいいです。



19 12月

相場について

18日 配送の メルマガ原稿です。




昨夜の NY市場 ダウは530ドル安 日足チャートは まだ陰転はしていないが、、、

S&P500指数日足チャート 日足 陰転 MACD シグナル でデッドクロスを発生

週足チャートは すでにMACDはデッドクロスしています。
_20211219_162630





ナスダック指数 昨夜は一時 200ドル安 から プラテン 引けは10ドル安でした

ショートの買い戻しで 下髭を引きはしましたが チャートは 厳しい状態

NY3指数とも厳しい状態 アメリカ株 今起こっていることは テーパ加速で その後 利上げが来ます。


今まで大きく上げた銘柄を 利食い もしくは 損のある銘柄は 節税対策での 損だし

2022年への銘柄 入れ替え や 個人投資家も クリスマス休暇入りでの ポジション整理など


とにかく そういった 売りが どんどん 出ています。

今週強かったセクターは 製薬関連 石炭 飲料 タバコ 銀鉱

ディフェンシブ色が強い

ダメだったのは データなどの テクノロジー系





●ジム ポールセン ストラジスト談

来年の早い時期の利上げとなる可能性が高い 投資家は 成長株のポジションを大きく減らしている!!


●12月 節税対策の 売りで 大きく売られている

●1月は 12月叩き売られた銘柄が 買い戻しで ある程度戻す銘柄が 出るだろう。

●FRB 理事のウォラー氏は 利上げについて 最速のシナリオなら 3月 FOMCで 金利上げの発表となるだろう (グロース株へは 大きなマイナス材料)


●JPモルガンの コラノビック氏談 来週あたりから ショートスクイーズラリーで 短期的に 戻す相場になるのではないか (要は短期売られすぎな銘柄を中心に買い戻しが来ると 予想しています)



★snowfield コラノビック氏の 言ってるように ショートの巻き戻しが ある程度あるなら 2~3営業日 個別で 取れる相場になるかも ただ 銘柄選定が 難しい


ショートスクイーズラリー 2つのパターンが考えられる

1つは 今年 ボッコボコ フルボッコで 売られまくった 銘柄

もう1つは 好業績なのに 一緒に売られた 銘柄 どちらを狙うか。



少し考えたい。





常に最新の 情報は  メルマガにて配信しております。



17 12月

日経は500円安オーバー


お昼過ぎに

今は買わずに様子見たほうがいいと。


案の定  午後から下げ加速です。




午後イチ
ギャップダウンから

下げ加速⤵️⤵️


_20211217_132834




今は  関わらない方がいいです。


流れが陰です。


陽のムードに変わるまで待つのです。
(しばらく時間がかかるかも)


NYがどうなるかです。


ナスダックはダウントレンドが加速しているのでしばらく厳しいです。



17 12月

相場について

下記は メルマガ配信の 内容


今は 新規買いを入れずに 

様子見た方がいいです。









日経 250円安

日経は 28800円


12月 SQ値 28523円よりは上での推移ではありますが   


現時点では 静観が妥当です。



FOMC通過で 今後 どうなるのか という 不透明な状況です。



今回の FOMCでの決定内容は  株価にとっては マイナスです。


いや・・・  正しくはマイナスではなく


自然な流れ。

ずっと言ってきたことですが、 金融緩和は 株価にはプラスです。 ただし 副作用を伴う。


コロナで 巨額の金融緩和によって インフレ増大も含む 副作用状態


アメリカの中央銀行は 元の あるべき 姿に戻す選択をしました。



金融緩和をやめて 一定額の利上げを行う。   


これは  悪ではない。



コロナで 膨らませすぎた 風船を しぼまさなければならない。


米FRBは 早期に しぼませると 言いました。 3月に前倒し


という事は  株価が 上がる 理由は 目の前に 無いというのが 正しい 思考



相場を動かす 主力の 富豪投資家連中は 

このゴタゴタの前 


感謝祭少し前に クリスマス休暇入りしてます。






今は 積極的に 売買する タイミングでは無いです。




FOMC通過  


ナスダック ボコボコ売りで 個人投資家は 壊滅してます。


バタバタ ゴタゴタが 落ち着くまで  待った方がいい


ダウ指数  S&P500指数まで  ダウンの流れになったら 当分 厳しいことになる。



今は 様子見てください。  資金温存で 流れがどうなるかを 見極めた方がいい。
17 12月

NY3市場下落  ナスダックは大幅安大炎上



FOMCは通過しました。

通過後は売りの買い戻しもあって上げはしましたが、

昨夜は再び下落⤵️⤵️


_20211217_080336



テーパ加速でその後に利上げが来ます。


株式市場にとって

上げる理由の主体であった金融緩和が終わる方向です。

その後に利上げが来ます。


普通に考えるとこの2つは

マーケットにマイナス要因というか

ある程度 下方向へ動く要因です。


FOMC通過して1日経過して

みんな我に返ったんだよ。

上げてる場合じゃないって‼️




今のマーケットは

金融緩和で膨らみました。

それが終わるなら、膨らんだものは

一定まで 萎む可能性があるといえます。



テーパ縮小&利上げ  

この2セットは悪じゃない。


コロナショックで広げた風呂敷を
どこかで閉めなきゃならない。

それだけです。






14 12月

14~15 米FOMCへの警戒感


週明けのNY市場下落した背景は

14・15日に開催される米FOMCへの警戒感からです。

米15日 FOMC終了後に
議長会見。

日本時間日付変わった16日早朝4:30くらい

_20211214_082119


FOMC通過まで様子見た方がいいです。


今回のFOMCで テーパリングを早める議論がされます。

6月終了予定が3月に前倒しされるかどうかの議論です。


前倒しされれば

テーパ終了後に利上げが来る


日経は 米株次第でギャップアップ、
ギャップダウンの繰り返しで

中身はありません。


プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。