snow2field

snowfieldの日本株投資、アメリカ株投資 

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

snowfieldの提案する投資法。国内投資経験28年、海外株投資経験10年の経験と人脈からの情報を元にして、独自分析による銘柄選定と相場見通しなどを日々配信 コロナショック安も被弾することなく日本株アメリカ株の業績推移を独自分析し、それを元に未来の株価を算出し割安であろう銘柄への短期投資で利益を出す方法を実践中 新規上場IPOについてもお伝えしていきます。
23 9月

イベント通過で  短期買い⤴️



9月   FOMC   イベント通過

短期目線  10月  雇用統計前まで
とりあえず、大きなイベントはないです。

目先はリバウンド狙



狙うべき銘柄はメルマガにてすでにお伝え済み。

23 9月

FOMC通過

今回はテーパ  発表なし

次回Fomc  11月か。


雇用統計が順調であれば11月から開始できるだろうと。


2022年金利上げの予定
(テーパが終わってから金利上げ)






メルマガでは

本日  上場   FRSHを  寄り付き買いと。

_20210923_014926


寄り付き43.5

高値  48.5

引け  47.5


上場買い成功





21 9月

日経先物 30000円 へ急上昇


日経先物が30000円ということは


現物想定は30200円

東京引け29839円なので

明日はギャップアップの可能性がかなり高い




_20210921_190733




バタバタ相場は買っても売っても負けます。


米FOMC通過まで  待った方がいいですよ
21 9月

日経30000円割れ⤵️⤵️

_20210921_101104



FOMC通過まで  関わらない方がいいですよ。


今やってもバタバタですから。


買っても売っても負けます。

21 9月

NYダウ一時970ドル安⤵️⤵️



4:20まで 売りの嵐
引けにかけての40分間での値幅戻しはショートの買い戻しです。





_20210921_070236


_20210921_071107



_20210921_071556




なぜここまで下げたか?

(先週時点で、NY3指数チャートが
悪化してるとお伝えしてましたね
週足で2連、3連  陰線が起こっていた)




この下げの本質は何か?

FOMCが要因か?

中国不動産が要因か?


どこまで下げるか?

いつまで下げるか?

●僕の推測では、9/●日からリバウンド予想



これらの答えを全て メルマガではお伝えします。

この大きな下落の前から、注意するようにメルマガでもブログでもお伝えしてきました。



聞き入れて下さった方は
9月上旬からポジション落として、回避できていますね。








日経シカゴ先物


29540円

現物想定は29740円あたり

日経平均は寄り付きから600~700円幅のギャップダウンがきます。


ロスカットの売りを巻き込み
終日 マイナス圏でしょう。


_20210921_071831




日本株  今週は  23日も休場日です。

関わらないほうがいい。

アメリカ  中国が下げ止まるまで

静観が正しい選択です。







20 9月

NY市場先物  大幅下落⤵️⤵️

_20210920_185812






日経先物  29600円台

現物想定は29800円台

金曜日比700円幅下落の位置です。


_20210920_185756









20 9月

日経平均シカゴ先物  29840円⤵️⤵️


現物想定は30040円です。




_20210920_115447

20 9月

シカゴNY先物 大幅下落へ拡大⤵️⤵️




_20210920_115216

20 9月

今週は米FOMC  

●今日、月曜日の日本市場は休場日です。


今週の米FOMC  
テーパへの何らかのアクションがあるのかどうか。

内容次第でマーケットは上下に揺れま



不透明です。


マーケットに関わる上で、不透明は見送り 様子見が正しい選択です。





週明けシカゴ先物はダウ先下落⤵️⤵️


_20210920_085014

19 9月

2030年へのグラフ

_20210919_112042



内容についてはメルマガにてお伝えしております。


プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。