snow2field

snowfieldの日本株投資、アメリカ株投資 

日本株、アメリカ株、市場動向、小型、中型株を中心に独自の銘柄分析、銘柄選定によって勝てる銘柄をお伝えしていきます。

snowfieldの提案する投資法。国内投資経験28年、海外株投資経験10年の経験と人脈からの情報を元にして、独自分析による銘柄選定と相場見通しなどを日々配信 コロナショック安も被弾することなく日本株アメリカ株の業績推移を独自分析し、それを元に未来の株価を算出し割安であろう銘柄への短期投資で利益を出す方法を実践中 新規上場IPOについてもお伝えしていきます。
23 6月

欧州 軒並み コロナの前水準へ



欧州市場は軒並みコロナの前の水準へ逆戻りしています。


楽観視しない方がいいです。

非常に危険な状況です。




_20220623_170851


_20220623_170934


_20220623_171008

23 6月

マーケットについて 重要内容

当分 この議論がつきまといます。

まずしっかり認識してほしいのがアメリカが景気後退へ向かっている可能性があるという事です。

アメリカが景気後退なら 必ず日本へも波及します。


いや・・正しくは世界へ波及する。


そして景気後退となった場合、この14年世界が体感していないリーマン倒産級の大型倒産が起こりえるという事


アメリカの動向をしっかり見ていく必要があります。


●重要  状況は刻一刻変わっています●


直近での一番 大きな変化は  


先月まで FRB議長パウエル氏は  6月 0.5%利上げ  7月0.5%利上げ

と言っていたのが  今回のFOMCで 驚愕の 0.75%利上げ


ブレない パウエル氏が あっさり 0.5%覆して 0.75%に

さらに 7月も0.75%だろう


■■ 今回 世界が認識したのは  FRBは コントロールできていないという 現実です。■■

今回 0.75%利上げに アップしたことで  この先の利上げ計画も大きく変わっています。


マーケットを不安にさせている  だから ボラが高い




この先 注意すべきアメリカの指標として

4半期GDPに 注意が必要です。   4半期GDPが 減少していくと 景気後退を連想させます。


雇用統計の数字にも注意  失業者数の数字にも注意が必要


景気後退のシグナルとして  雇用が好調なら 景気後退は起こらないです。  

失業者数が増えなければ 景気後退は起こらないです。


FRBは  雇用と失業者が そう簡単には崩れないと 予想しています。

だから 荒っぽい 利上げも耐えれると   そして QT枠 MAXも耐えれると 予想している。



●すでに FRBは  インフレ率の拡大を読み違い  慌てて 利上げ幅を拡大する ミスを犯しました。



FRBの
雇用と失業者が  大丈夫だろうという読み 今後 読み違える可能性があります。



この先 雇用統計や失業者数 が下落傾向になれば 売られる要因になります。

個人消費が直結する 小売りの数値も失速傾向になれば 売られる要因になります。


現在 ベアマーケットであり  その先に 景気後退懸念がある場合は何かと売られる材料が 目の前に次々出てきます。

それは 景気後退突入まで 継続するでしょう。

そして実際の景気後退となれば  そこからマーケットは逆回転です。

景気後退へ向かって下げて行く もしくは グダグダ底を這うように軟調 


しかし 景気後退に入れば  すべての陰の材料は出尽くし 今度は 景気後退からの 脱出が意識されます



■まだ 現時点では 景気後退は確定では無いです。■  


景気後退の可能性が 高まっているのが 現状です。

22 6月

NY先物  下落⤵️⤵️


今夜のNYは昨日の上げを帳消しにするかも。


_20220622_170952



先物沈没中⤵️⤵️
22 6月

今朝配信のメルマガ内容

下記は朝イチ8:30配信のメルマガ
これを読んでいれば今日の日本株を買うことはなかったと言えます。






メルマガ原稿の一部載せます。

NY市場 引けまで しっかり 大幅反発となりました。

この光景は ここ数か月で何度も見てきた光景です。

下げ下げ下げの あとに反発 反発の度に 底を打った、 ついに流れが変わったと。

そして買いに言った連中が ことごとくやられているのが 今のダウントレンド。

 ■ CFR リサーチの サムストバル氏談

 一時的な反発で、マーケットにはまだ投資家が悶絶するような パニック売りが起こっていない
下落の最終局面では そういった パニックがパニックを呼ぶ売りが出るものだ。

 アメリカのS&P500指数 は過去60年で 19回の ダウントレンドがあり

そのうち 6回が 利上げを伴い

4回が今の状況下に酷似

 昨夜 2~3%の範囲で 反発

●まだ インフレ収まっていません。

インフレ率 8.6% 近年では最大

まだコロナは地球上から 消えていません。

 FRBの利上げは 7月 0.75%予想が 96%以上の確率

アメリカは 順次 夏休みいりしています

 学生はすでに夏休みです。

相場のプレーヤーも 夏のバカンス入りです。

9月の利上げも 0.75%予想

7月 CPI 警戒

7月 FOMCでの 0.75%利上げは 濃厚

 8月から QT枠は 950億ドルへ拡大(13兆円規模)

2023年 政策金利は 3.5~4%の範囲へ
(マーケットはこれを まだ織り込んでいない)

当初言われていた 3%~3.25%レベルでは 収まりそうもない。


昨夜の上げは一時的な反発であると 僕は思っています。



20 6月

日経 ドル建てチャート



日経ドル建てチャートでいうと

2021年 2月からすでに1年 4ヶ月ダウントレンドです。

 
これはドル換算した場合の話


_20220620_074813




こちらは円建てのチャート

ドル円が134円だから  

下落が常時ドル建に対して為替相当分
下落が抑制されています。



_20220620_075253



ちなみに  ドル円が1:1の  

1ドル100円なら 

日経は今  21000円くらいということになります。



この意味分かってないと

勝ち目ないですよ。


ドル円が 円安ドル高だから

日経円建ては耐えているが

もしもドル円が  円高方向へトレンド転換したら  

日経は  為替恩恵を失い  下落が加速することになります。



これは十分理解しておいた方がいいです。






18 6月

米市場  投資家心理パロメーター


弱気である25以下の

14


ちなみに、コロナショック時は一時的に
ゼロがありました。





_20220618_121107

18 6月

過去60年のデータから

米を代表する指数
S&P500 指数の過去60年でダウントレンドは複数ありますが

その中で利上げを伴うダウントレンドは6回ありました。

その6回中 
現在の状況と類似するのは4回です。


過去60年で利上げを伴い類似する4回の

平均下落期間は、◯◯カ月

平均下落値幅は    ◯◯%


現在 下落が6カ月目で 下落率は24%です。


現時点で 平均下落期間には足りていない。

現時点で平均下落率にも足りていない。


過去のデータからだけで言っても

まだダウントレンドは継続すると言えます。



このように過去を知っていれば

いつまで続くのか

値幅はどうなったら、だいたい底打ちに近いのかを推測することができます。


メルマガではマーケットの歩き方を逐一 
過去のデータや、経験からお伝えしております。


何もわからないからどうすれば良いかが見えないのです。


メルマガではどうなったら

ダウントレンドが止まる可能性があるかもお伝えしています。


向こう数年を予想して
買って行けるタイミングについて
メルマガでは数ヶ月前から目処をお伝えしています。


詳しくはメルマガにて。



16 6月

日経先物失速  25640円まで一時的下落⤵️

朝の投稿で 

上げてもショートの買い戻しなので

また下げるとお伝えしました。

案の定


日中 高値  10:14に26947円

しかし
引けは 26431円

初値26715円より284円幅下で引け





_20220616_170651


そして東京引けてからシカゴ先物失速


日経先物は一時25640円


●東京高値から  一時  1300円幅下落





_20220616_170555



だからショートの買い戻しで

また下げると。


これを分かってない人は朝イチ買いに行って

即日負けてます。


分かってる人、メルマガ読んでくださってる方は 
今朝のギャップアップを買うことはないです。



16 6月

FOMC  0.75%利上げ


米主要指数は
ダウントレンドが継続

今の流れは 上げてもショートカバー
空売りなどの買い戻しです。

現時点では
トレンドが変わることはない。

上げても買い戻しですのでまた下げていくでしょう。



_20220616_094723

14 6月

日経先物は26360円


先週木曜日  日経は28300円台

たった 金曜日 月曜日  昨夜間で

先物は1900円幅下落⤵️


NYがダメなら  日経もダメ⤵️



_20220614_085847




NY3指数  先週木曜日時点で

25日線割っているので注意とお伝え


金曜日 月曜日の2営業日で爆下げとなってます。

下げるべくして下げている。

木曜日引け時点で兆候はあった。

聞いた人は  この下げを回避できているでしょう。


FOMC通過まで様子を見た方がいいです。
プロフィール

snowfield115

投資歴27年の経験を元に、日本市場での勝ち方、個別銘柄での稼ぎ方、全体相場の方向性などもお伝えしていきます。
日本株投資は
四半期発表が良いであろうを先回りし仕込む、そして発表日もしくはそれまでに利益確保を狙う企画  

四半期ラリー (四半期ラリーはsnowfiel提案の勝率を追及する独自戦略、四半期ラリー名は僕が考えたネーミングです)

数年前までヤフーグループで200数十人を集めて投資グループを開いていました。
これからの時代、日本の証券会社の口座だけでは相場を生き残れません。
香港もしくはシンガポールでの銀行口座、証券口座を保有し外貨と証券の保有をお勧めします。僕自身もシンガポールに銀行口座を持ちそれに連動する証券口座にて、シンガポール市場、香港市場、NY市場で勝負します。